小学生の留守番

小学生にキッズ携帯を持たせる理由は?キッズ携帯を持たせている親に聞いてみた!

子供と一緒にいないときの連絡手段は何がいいか悩んでいませんか?

 

子供と親が連絡を取る手段は、

  • 固定電話
  • キッズ携帯
  • スマホ・タブレット端末
  • スマートスピーカー
  • 見守りロボット

などなど、いろいろあります。

今回は、いろいろある連絡手段の中から
どうしてキッズ携帯を持たせようと思ったのか。

その理由を子育て中の親御さんに聞いてみました!

きっと、お子さんとの連絡手段をどうしようか迷っているあなたの参考になりますよ!

小学生の子供にキッズ携帯を持たせている理由は?

 

小5の母親

塾や習い事、遊びに行く時、開始前後で電話連絡をするように持たせています。
GPS機能も付いているので万が一の時の安心です。

また親が登録した電話番号の発着しか受け付けないこと、登録したメアド以外にはメールを送付できないことも、キッズ携帯を選んだ大きな理由の一つです。
連絡先の登録に親を通さなければならないことで、子供が誰と繋がっているかを把握できます。
また、友達の入れ替えを申し出た時に、子供自身が何かトラブルを抱えていないか目を配るようにもできるので気に入っています。
通話・メール機能以外の余計な機能がついていないこともとても良い点です。

高学年になり、スマホを持っている友達も増え、写真を撮ったりしている様子などを見て、本人もスマホを欲しがってはいます。
しかし、小学生の間は必要最小限の機能のみのキッズ携帯の使用を継続させようと思っています。
まだ言葉足らずの小学生の間は、対面していても言葉のちょっとした行き違いなどでトラブルも起きやすいです。
そのような子供達が、LINEやメールでのやりとりを頻繁にするようになると、トラブルはますます増え、トラブルの収束も難しくなるのではないかと考えているからです。

これらのことから、あえてキッズ携帯を持たせています。
本人は、ちょっとスマホが羨ましそうですが、それでもサイズ感やフォルム、また壁紙の可愛さなどから気に入って使ってくれています。

使用中のキッズ携帯:みまもりケータイ4

 

 

小6の母親

塾に行かせていないので、単純に学校の行き帰りの誘拐対策として場所確認できるキッズ携帯を選びました。
今後、中学校に入って活動範囲が広がってもラインなどでいじめ問題が発生する危険性もあるため、取り合えずのキッズ携帯だけでやらせるつもりです。

ただ、週末に充電をして平日はランドセルに入れてあるだけ。
音も消しているのでこちらから連絡したところであんまり気づいてくれません。
一応、祖父母と両親の番号は登録しています。

子供の側からは2度ほど電話あり、忘れ物を届けてほしいという内容でした。
もちろんそういった使い方もできます。
我が家は私が専業主婦で家にいられるから、すぐにでも忘れ物を持っていけます。
でも、今時はたいていのお宅で主婦も働いていて、そんな連絡を受けても動きようがありません。
なのでうちの子だけを甘やかすのは厳禁と思い、忘れ物の連絡などは断っています。
忘れることで辛く恥ずかしい思いをすれば、もう二度と忘れることなど無いはずです。

学校帰りに帽子が風に飛ばされて車道へと飛んで行ってしまったと、連絡がきたことはありました。
不測の事態が起こった時に子供なりの行動は事態を深刻化させないとも限りません。
自分で車道に取りに行かず連絡をくれたのは良い判断。
こういった子供だけでは判断に困るときに連絡が取れるので安心です。

使用中のキッズ携帯:キッズフォン

 

 

小1の父親

私の家庭は、私も妻も働いており残業などもしばしばあります。
息子は、習い事も行っており7時を過ぎることも多いです。
そのため、息子の送迎の連絡に必要なため持たせています。

また、休日には一人で友達の家と遊びに行き、徐々にですが行動範囲が広がっています。
いつでも私たちと連絡を取れるという安心感もキッズ携帯を持たせている理由です。
もし息子が電話に出ず、連絡が取れない時でもGPSで現在地を確認できるためとても便利です。
このような防犯上の観点からキッズ携帯を持たせています。

ニュースでは、小さな子供たちに対しての犯罪を頻繁に耳にします。
また息子も学校で担任の先生から「不審者情報があるので注意してください。」という勧告をよく受けるそうです。

mamorinoには、防犯ブザーが付いていると共に防犯ブサーが発動された時には、現在地情報が記載されているメールとと音声発信が搭載されています。
なので、一早く息子がどこで鳴らしたのかがわかり、また連絡も取ることができるため、なぜ鳴らしたのかをすぐに確認できるのも気に入っています。

とてもキッズ携帯は本当に便利です。
月々3,000円以内で息子の安全をある程度担保できるのは、親として安心できます。

使用中のキッズ携帯:mamorino4

 

 

小2の母親

キッズ携帯のGPS機能を使って放課後、すぐ寄り道をする子供の居場所を把握する為にキッズ携帯を持たせています。

特に入学したばかりの頃はお友達と帰宅する時に時間を忘れて自宅に帰らずそのまま遊びに行ってしまった事が多くありました。
主人と通学路を探し回った事があって本当に心配したのがきっかけです。

他にも公園へ1人で自転車に乗って行くことがあるので無事に目的地に着いたかや、帰宅時間には自宅に向けて出発しているかなどもGPSを使って毎日見守って見ています。

また公園で遊んでいて途中で遊ぶ場所(別の公園やお友達のおうち)へ移動する時も、私に電話をして移動して良いか聞いてから移動する様に伝えており頻繁に電話を使っています。

それと遊んでいてケガをしてしまったときにも便利です。
その場から動けなくなってしまった時は電話が来るので簡単な処置ができる道具を持って迎えに行ったりしています。

息子が持っていったボールや持ち物が無くなった時や不審者に声を掛けられた時などどうしたら良いのかまだ1人で判断できない年齢なので何かあれば電話するように行っています。

あとは習い事をしているので習い事の始まる時間まで遊びに行ったっきり忘れて戻って来なかった時があり、それから時間を知らせる為にもキッズ携帯を持たせる事にしました。

使用中のキッズ携帯:キッズケータイ F-03J

 

 

小3の父親

キッズ携帯を持たせている一番の理由は安全面です。

私の場合、小学校までの距離が約2キロあり子供が歩くと30分ぐらいかかります。
なので、登下校で危なくないように持たせることにしました。

また、最近では同学年の友達が携帯を持ち始めています。
私の年代では考えられない時期です。
もちろん安全面を考慮してだと思います。

ただ実際に使用している子供達はゲームをしたりYoutubeを見たりしていると息子から聞きます。
一緒になってさせてあげられる方が友達付き合いや経験のためにも良いとも思ったこともあります。
しかし、しっかりと勉強もしてほしいし、目が悪くなったりするのではないかと夫婦で不安も抱いているため、現在のところキッズ携帯を持たせています。

自宅では私のタブレットを使用しYoutubeを見たりしていますので、話しにはついていけているそうです。
なので、安全のためにを最優先に考えキッズ携帯にしています。

息子が高学年になってネットの危険性や使用時間の自制ができるようになれば、スマホに変えてもよいかなと思っています。

また息子がよく言っているのがキッズ携帯は、電話帳登録できる数が10件と制限があり、同じ学校の友達を登録できなかったりすると小学校3年生ながらにボヤいていました。

個人的にはキッズ携帯で十分だと思っていますが、その機能は改善しても良いのかなと思っています。

使用中のキッズ携帯:キッズケータイ F-03J

 

小学生にキッズ携帯を持たせるメリット・デメリット

 

小学生にキッズ携帯を持たせるメリット

  • 防犯ブザーが付いて、鳴ると通知が来るからすぐに対応できる
  • GPS機能で子供の居場所がわかって安心
  • 電話帳に登録した番号以外通話できないから犯罪に巻き込まれにくい
  • 電話帳に登録メールアドレス以外メールできないから友達とのトラブルを減らせる
  • インターネットやアプリを使用できないから犯罪に巻き込まれにくい
  • 子供では判断できないときすぐに連絡が取れて親も子供も安心
  • 金銭的負担が少ない

子供が外出する場合などの連絡手段として考えられるのが、キッズ携帯かスマホです。

キッズ携帯は、

  • 防犯ブザー
  • GPSで子供の居場所がわかる
  • インターネットに接続できない
  • 電話帳に登録している人以外連絡できない

などの機能が標準機能として付いていて、子供が安全に使えるようになっています。

特に、防犯ブザー機能があるから安心と答えている親が多かったです。

キッズ携帯についている防犯ブザーは、ただ大きな音を出すだけではありません。

防犯ブザーが鳴らされると親のスマホなどに現在地など通知が来るのですぐに対応することができます。

 

また、インターネットを使うことができないので、まだ小さく、インターネットの危険性などをしっかりと理解していない場合にも安心して使えます。

SNSなどで不要なトラブルに巻き込まれることもなく安心です。

小学生にキッズ携帯を持たせるデメリット

  • 毎月利用料金がかかる
  • LINEができないから不便
  • カメラが付いていない機種が多く子供が不満を持っている
  • 電話帳に登録できる件数が少なく登録できる友達が限られてしまう
  • 間違えて防犯ブザーを鳴らされるとすごい不安になる
  • 頻繁に子供から連絡が来てしまい用事がままならないことがある

キッズ携帯のデメリットで多く見られたのが、LINEが使えないということです。

キッズ携帯はアプリをダウンロードすることができないので、当然LINEは使えません。

SMS(ショートメール)では、LINEと違って既読機能がなく、子供が返事をくれない限りメッセージを読んでくれたかわからず不便です。

 

防犯面で心強いキッズ携帯の防犯ブザーですが、逆に不安にさせられてしまうこともあります。

子供が遊んでいるときなどに誤って防犯ブザーを鳴らした場合にも、親に通知が来るからです。

すぐに連絡が取れるときはいいんですが、そうでない場合は連絡が取れるまでは本当に不安になります。

まとめ

子供にキッズ携帯を持たせている理由で多かったのは、

  • 防犯ブザーやGPSで子供を見守れること
  • インターネットが使えないのでネット上のトラブルやLINEなどのSNSでのトラブルを防げる

ということでした。

キッズ携帯はスマホのように自由度はありません。

でも、防犯面を特に重視して考えている場合には、キッズ携帯が最適です。

子育て中の200人に聞いた!小学生の留守番状況

-小学生の留守番

Copyright© 【小学生の留守番】いつから?一人っ子の場合は?子育て中の200人に聞いてみた! , 2020 All Rights Reserved.