小学生の留守番

小学生だけの留守番で心配なことは?みんなはどう対応してる?

小学生だけでお留守番をさせないといけないことってありますよね。

でも、

  • 子供だけで留守番させて大丈夫かな?
  • 事件に巻き込まれないか不安…
  • 火のいたずらなどで事故が起きないか心配…

など、いろいろ心配してしまいます。

同じようなことを心配している家庭は多いはず!

そう思って子育て中の親御さんに心配事ついてアンケートを取ってみました。

やっぱりみなさん同じような心配をしています…

同時に、対策方法についてもアンケートを取ったので、ぜひ参考にしてください!

小学生だけの留守番での心配事と対策方法を聞きました!

小3の母親

知らない人や怪しい人が訪ねてきた時に、玄関のドアを開けないかという心配があります。
また、ガスコンロをうっかり使用してしまうなどして、火災を引き起こす心配もありました。

どういった対策をしましたか?

小3の母親

対策方法は、子供に2つのことをよく言い聞かせ実行してもらいました。
1つ目は、玄関は絶対に開けないということです。
知らない人はもちろん、宅配便など配達員であったとしても、絶対にインターホンに出たり、玄関を開けてはいけないことを強く言い聞かせました。
その時に、親が在宅の時にまた来ていただくことができるからという理由もしっかりと伝えました。
2つ目は、留守番中はガスコンロを絶対に使わないことです。
食べ物の温めは電子レンジでできること、操作ももうわかってくれているので、ガスコンロの使用をさせません。
最後に、留守番を可能なかぎり、短時間にすることを心がけています。

 

 

小1の母親

固定電話はほとんど鳴らないのであまり心配しませんが、「インターホンが鳴ったら出てしまわないか」が心配でした。
それと、火のいたずらをしないかも気がかりです。

心配事を少しでも解消するためにしていることはなんですか?

◯才女性

留守番をするのは近くのスーパーに行く間だけなので、20分程度の事です。
それでも、ガスの火が付いていないことを必ず確認するようにしています。
それから毎回子供には「インターホンが鳴っても絶対に出ないこと」と言ってから出ます。
インターホンに興味がある年頃で、親がいると「出ていい?」と聞かれることもあるからです。
インターホンに出ない、はいつも2,3回言ってから出ます。
一番効果があるのが、子供が見たいテレビをつけて(30分番組)から行くことです。
テレビが終わるまでに帰って来れるように急いで買い物をします。

 

 

小5の母親

狭い家のため子供が遊ぶ部屋と台所が近く、コンロ(火)を使わないか1番心配でした。

どのように対策しましたか?

小5の母親

注意をしてしまうと子供はコンロ(火)を使ってみたいと認識してしまうため、コンロが危険なことはあえて言っていません。
ただ、危険性を言わなくてもコンロに興味を持ってしまうことはあると思います。
うちのコンロは電池で着火するため、親が留守の時は必ず電池を抜いて着火しないようにしました。
また、極力台所に近付かなくて済むように、子供たちが食べる食事は冷蔵庫など台所には置かないようにもしました。

 

 

小1の父親

まず鍵を自分で開けたあと閉めることを忘れないか。人が来ても開けないようにできるかが不安でした。

不安を解消するために何をしていますか?

小1の父親

鍵の開け方閉め方の練習を事前にしました。
また、鍵をなくさないようにランドセルのあまり使わない内ポケットに紐をつけて外れないようにもしました。
留守番させる日は不安にならないように子供に事前に伝えるようにしています。
また、テーブルに手紙をおいて帰ったらすることを明確にしています。

 

 

小2の母親

1人で待っていられるかな、帰ってきて泣いていたらどうしようか不安でした。勝手に外へ出て交通事故にあったらどうしようかと心配でした。

どういった対策を取りましたか?

小2の母親

お留守番する時のルールをしっかりと決めました。
・火は使わない。
・インターホンが鳴っても出ない。
・鍵を開けて家の外へ出ない。
そして、MANOMAの室内モニターを設置して、外出先から家にいる子どもと会話出来るようにして、帰る前などに連絡するようにしました。

 

 

小3の母親

インターホンを出ないか、心配で外に出て両親を探さないか心配です。

どのように対策していますか?

小3の母親

インターホンがなっても出ないことを約束しています。しっかりと守ってもらうために、インターホンには出ないと張り紙を貼っています。
また、刃物、火、は触らない、使わないことも約束しています。それでも心配なので、留守番のときは刃物は手の届かない所に片付けています。
緊急時にはキッズケータイで連絡を取るようにしています。

 

 

小1の母親

コンロに触らないか心配です。
またマンションの9階に住んでいるので、うっかりベランダに出て身を乗り出してしまわないか心配です。

心配事を解消するために何をしましたか?

小1の母親

とにかく退屈させないために普段は時間制限を設けているゲームを許可しました。何かに熱中すれば、コンロやベランダから気をそらすことができると思ったからです。
また、悪い電話に出させないために留守番電話に設定ています。
さらに、うちにはアポなしで来客はないので、インターホンを鳴らされても出ないように伝えています。

 

小1の父親

地震や火事といった事件が起きないかどうか心配です。

どういった対策をなさっていますか?

小1の父親

携帯電話を持たせているので、何かあったらすぐに連絡できるようにしてます。
震災などが起きた時にはどうするといった事も時々話すようにして、一人だった場合はこうしようといった事をたまに確認するようにしてます。

 

小3の父親

知らない方が家に訪れた時の子どもの対応の仕方が心配。

心配をなくすためにどのような対策をしましたか?

小3の父親

誰か家に訪れて来ても返答しない。インターフォンがあるが、対応しなくて良いと言っています。知っている人でも知らない人と同じで対応してはいけないと言い聞かせてます。
また他にも、外では遊ばない。家の中で過ごす。家の電話も両親からの電話以外は出ないということを約束してます。

 

小5の母親

家に子供が一人でいるということが周囲に知られると、犯罪に巻き込まれるのではと不安です。

不安解消のためにしたことはなんですか?

小5の母親

初めは電話やインターホンにでて「今、親は留守です。」というように言っていた。でもそれではわざわざ、『今家に子供しかいません。』と宣伝しているようなもです。なので、電話や家のチャイムには反応しないように教えました。
また、家の電話にも出てはいけないと教えています。親とのやり取りはスマホのみにしています。

まとめ

小学生だけでお留守番しているときに
事件に巻き込まれないか心配する声が、やっぱり多かったですね。

インターホンには出ないことを約束することで対策できますが、好奇心が旺盛な子だと約束を守ってくれないかもしれません。

そんな時は、インターホンが鳴らないように設定したり、電源を切っておくという対策をとっている方もいました。

普段は禁止していたり、時間制限をしているゲームをお留守番の時だけ許すというのも、子供のインターホンへの興味が減るので効果的ですね。

子育て中の200人に聞いた!小学生の留守番状況

-小学生の留守番

Copyright© 【小学生の留守番】いつから?一人っ子の場合は?子育て中の200人に聞いてみた! , 2020 All Rights Reserved.